Quality of Lifeをゴリゴリ高める事を目指すブログ

メルカリ (4385)株価の推移と今後 -最強の巣ごもり銘柄?-

スポンサーリンク

本日24日は日経平均は26000円台を回復し、マザーズ指数も2%を超える上昇になる等、3連休明け初日の市場は先週から大きく反発する形となりました。

今回は、コロナ禍においていわゆる「巣ごもり銘柄」として強さを発揮してきた『メルカリ』を分析していきます。

メルカリについて

  • 株価:4580円(11/24)前日比 +8.27%
  • 時価総額:7183億円
  • 事業内容:お馴染みフリマアプリのメルカリ。メルペイなどスマホ決済サービスも。

前回取り上げたマネーフォワード同様、事業拡大優先で赤字が続いており、成長性に期待され株が買われています。マザーズに上場している企業の中で時価総額が最も大きく、指数に与える影響も大きいためマザーズ市場に上場している株を触っている人ならホルダーでなくても値動きはチェックしておきたいところ。

テクニカル分析

メルカリの日足チャートです。

出来高と価格帯別出来高(チャートの左側に表示されてるやつ)に注目してみます。

あくまで想像ですが、10月中旬以降株価は10日移動平均線の下を這うように下落トレンドが続いていたので、その流れの中で4200~4400円前後の値段で空売りを仕掛けていた投資家が、予想外の猛反発によって損切りの買い戻しを行った事が、後場の更なる株価と出来高の上昇に貢献したかなと思っています。

この仮説が正しければ、今後株価が25日移動平均線を超えてきた場合、売りの出来高が多い価格帯である4850円前後の値段まで反発してくる可能性が見えてきます。ただ、この価格帯は買いの出来高も多くまたちょうど75日移動平均線に当たるところになり、一つの節目として意識されそうです。

まとめ

とりあえず、このまま引き続き上昇するのかどうか、様子を見た方が良さそうです。

マザーズ内で最も時価総額の大きい銘柄ですら、これだけ大きく値が動くので、慎重になり過ぎるくらいがちょうどいいのかなと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました